2010-08-22

上海駅の自動券売機

 久しぶりに上海駅に行ったところなんと自動券売機が設置されていた。いつも駅で直接切符を買おうとすると黒山の人だかりを並ぶのだが、自動券売機になった影響なのか、人の並びが非常に少ない。

 

予想通りだが、自動販売機の操作に慣れないこと、お札がぐちゃぐちゃなことから、進み方はそれほど速くない。でも手売りの頃と比べると格段の進歩だ。しかし、お札がぐちゃぐちゃなのは何とかならないものか。中国人は拝金主義という言い方もあったが、その割にはお札がぐちゃぐちゃなのが矛盾している。待つのが嫌いな性質でもあり、蘇州に行くのに一等席を買った。二等席や座席なしは直近の時間の切符は売り切れだったのだ。一等席に乗ることもないのでまあいいとしよう。乗ってみると結構ゆったりとしており運転席も見ることができる。悪くない。

   

 蘇州へ行ったのだが、新駅ができていた。以前から蘇州は町の規模の割には駅がしょぼいと思っていたが、ようやくちゃんとした駅ができた。まだできたばかりということもあり、駅の周りはまだまださびしかったが、そのあたりはこれからだろう。

 

上海に戻ってきて外灘公園を歩いてみた。工事が完了して以来初めて行った。なかなかきれいだ。

 

久しぶりにこんな一日を過ごした。

関連記事

コメント1件

  • 姑蘇子翰 より:

    Made in Chinaの自動券売機
    現在上海駅で使われている自動券売機システムは、国有企業である広電運通公司が開発したもので、北京駅で一歩先に導入されたそうだ。毎年、中国特有の社会現象とも言われる「春運」の時期が混雑して、効率化を図るために自動券売機の導入が急務となっていると考える。この数年、中国各地で高速鉄道や、リニアカモーターカーや、都市間鉄道や、地下鉄などの線路が相次いで着工し、建設している。これから中国での鉄道の旅がますます便利になると思う。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です