2010-09-09

中国人の海外旅行業務が一部開放

 《中外合資経営旅行社試点経営出国旅遊業務監督管理暫定弁法》というものが公布され、91日よりスタートする。何がポイントかというと、合弁に限定ではあるが外資の旅行社に対して中国人の海外旅行業務(台湾への旅行は除く)を逐次解放していくという点だ。対象となる旅行社の数量は限定される。3年の間は半年毎に合弁旅行社の出国業務の状況を確認するとしており、それを踏まえて海外旅行業務を行うことのできる旅行社に調整を加える。希望する旅行社は申請を行い、それが認められれば行うことができるようになる。ちなみに9月30日までに申請する必要がある。申請要件としては2年以上運営していることが必要だ。外商独資の旅行社の設立も既に認められるようになってきているが、まずは合弁からの開放だ。

 2009
年の中国の海外旅行者は5000万近くに達しており、2010年には5400万人に達すると予想されている。マーケットとして魅力であることはいうまでもない。現在独資、合弁、合作の形態のいわゆる外商投資の旅行社は44社ある。独資と合作の形態の旅行者にとってはお預けとなるが、合弁の旅行社は一斉に申請に動くだろうし、実際に動き始めているところもあるという。独資がおあずけなのはちょっと残念だが、外資にとっては取りにいけるビジネスのパイが膨らんだことは間違いなく、近いうちに外資の旅行社の海外旅行の広告が見れるようになるだろう。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です