2010-10-17

同窓会

日本に戻ってきてたまたま昔に知り合いのメールしたところ、たまたま中国時代の仲間が集まっているという。人によっては卒業以来会っていない仲間もいる。こんな機会はなかなかないのですぐに飛んで行った。

何回か会っている友達、中学卒業以来27年、本当にそれ以来に会った同級生もいた。みんな年をとったが面影はばっちりだ。ほとんど思い出すことができた。意外とこのブログを見てくれている人も多く、少し気恥ずかしい感じたりもした。華僑学校に通っていた中学時代の同級生ということは要するにみんな華僑だ。私のように雇われで頑張っている者、専業主婦になっている者、家業を継いでいる者、起業している者、医者になっている者(子供の頃よく親に医者になれといわれたなあ)、色んな者がいる。日本社会の中で自分たちが外国人として生活していることをどの程度意識しながら生活してきたかは人それぞれによって違うだろう。自分の場合は外国人なのでハンディキャップがあるのは当然という考え方を持っていたし、今でも持っている。日本という国の中で日本人と外国人が全く同等な条件におかれた場合、日本社会の中では日本人が外国人より優先されるのである。これは差別でもなんでもなく当たり前のことであるし、私は差別とは思わない。ずっと日本社会の中で生きてきたので、周りの日本人が私がこのような意識を持ち続けていたことを知らない人も多いと思う。私の場合は、このようなハンディを持っているので、普通以上に努力しないといけないという気持ちを持ち続けながらやってこれたのではないかと思う。とはいうものの気が抜けてしまう時もないわけではないし、行き詰まりを感じてしまうときもないわけではない。でも頑張っている昔の仲間の姿を見ることもできたので、前述したハンディを前向きに捕らえて負けずに頑張って行きたいと思う。 ⇒ ちょっと固いかなあ?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です