2011-05-15

二三線都市の人件費増加率

 復旦大学管理学院と正略鈞策諮詢公司というところが共同で作成した《2011中国給与白書》によりますと、二三線都市の平均給与増加率は13.18%で、10%以下と予想されている北京、上海、深センよりもずっと高いです。内陸はコストが安いといわれてますが、人件費の伸び率が都市部とくれべてこれだけ高いと、そのメリットが取れるのはいつごろまででしょうかねえ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です