2011-05-19

繊維類の輸出税額還付率引き下げか?

 繊維品の輸出税額還付率が引き下げられるかもしれないという報道が最近続いています。具体的には現在16%の還付率を11%にまで下げるというものです。なんと5ポイントもの引き下げです。予想されている時期は7月といわれていますが、一気に5ポイントも下がることはないのではないかとも見られています。繊維品の輸出を行っている企業は粗利が1-2%程度しかないところが多く、還付率が5ポイントも一気に下がってしまうとやっていかないからというのがその理由です。内販の比率が高いところは影響が少ないのでしょうが。原材料高、人件費高に続いて還付率引き下げが現実化してしまうと、ただでさえ日本向け製品は検品基準が高いために工賃も高いので、ますます価格競争力がなくなります。繊維品の日本向け輸出というビジネスもそろそろ頭打ちになってくるかもしれないですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です