2011-10-26

【11月東京・大阪】中国ビジネス集中実践講座(外貨管理編)開催のお知らせ

 開催が近づいてきましたので、ここいらあたりでもう一度ご紹介させてください。

 日中経済貿易センターさんからのセミナー案内です。私が講師を務めさせていただきます。

 

 中国の外貨管理制度は複雑で、かつ頻繁に制度の変更が行われるため、中国と日本との間での外貨の受払いに数々トラブルが起こっているのが実情です。また、最近では「人民元」による対外決済も一部認められるようになり、決済通貨の幅が広がりました。今後は、
中国との決済業務や資本取引において、どのようなスキームが可能かを知ることがますます重要になります。こうした中国独特の外貨管理について、制度と実務の両面から詳しく解説する「中国ビジネス集中実践講座(外貨管理編)」を下記の通り4回に分けて実施し
ます。

 本講義には、中国の外貨管理制度に精通した呉明憲氏(拓知管理諮詢(上海)有限公司総経理)を講師としてお招きします。ご参加の皆様からの様々なご質問やご相談にもその場でお答えし、効果的で充実したカリキュラムとなっております。

 受講(又は、本講座の内容を収録したDVDを購入)ご希望の方は、別紙「受講申込書」にご記入の上、当センターへご提出ください。

《受講スケジュール、講義内容と料金》

第一回:中国の外貨管理の変遷(日本との比較)
日時:(東京)11/10(木)16:00~18:00
(大阪)11/11(金)16:00~18:00

内容:(1) 日本の外貨管理の変遷
(2) 中国の外貨管理の変遷
(3) 中国の外貨管理の今後の方向

 

第二回:中国の外貨管理制度の概要
日時:(東京)11/17(木)16:00~18:00
(大阪)11/18(金)16:00~18:00

内容:(1) 外貨管理制度の下での経常取引(貿易取引)
(2) 外貨管理制度の下での経常取引(非貿易取引)
(3) 外貨管理制度の下での資本取引
(4) 外貨による資金調達
(5) 個人の外貨管理の概要

 

第三回:保税区外貨管理制度とビジネススキーム
日時:(東京)11/24(木)16:00~18:00
(大阪)11/25(金)16:00~18:00

内容:(1) 保税区と一般区域の違い
(2) 保税区の外貨管理の基本
(3) 保税区を活用したビジネススキーム

 

第四回:人民元を用いた各種対外決済
日時:(東京)12/1(木)16:00~18:00
(大阪)12/2(金)16:00~18:00

内容:(1) 非居住者人民元口座
(2) クロスボーダー人民元貿易決済
(3) クロスボーダー人民元資本取引
(4) 社債による人民元調達

受講料:一回の講義につき10,000円/人
(日中経済貿易センター、日中投資促進機構の会員は、5,000円/人)

 

(東京会場)

会場:一般社団法人日中経済貿易センター東京デスク「セミナールーム」
住所:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー20階)
   (地下鉄「西新宿駅」出口直結、地図は申込書参照)

連絡先:日中経済貿易センター コンサルグループ
     村岡(TEL03-6328-2636

(大阪会場)
会場:一般社団法人日中経済貿易センター大阪本部「多目的室」
住所:大阪市中央区久
太郎町4-1-3 大阪センタービル2階)
(地下鉄「本町駅」14出口直結、地図は申込書参照)
連絡先:日中経済貿易センター コンサルグループ
松井(TEL:06-4704-2511)

 

定員:各会場とも30名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)

受講者には、内容を収録したDVDとテキストを無料で郵送させていただきます。

 

申込書ダウンロード
(東京)
http://www.japanchina.jp/news/document/201111tokyo.doc

(大阪)http://www.japanchina.jp/news/document/201111osaka.doc

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です