2012-01-03

せこい会社

 

 不動産仲介業者に依頼して物件を見つけたものの、業者に対して仲介料を支払うのがもったいないので、仲介業者をすっ飛ばして直接物件オーナーとやり取りして契約したところ、これが裁判になり、結局物件を探していた方が敗訴したという記事がありました。まあ、ものすごく当たり前でここで紹介するほどの記事でもないのですが、実はこのようなボヤキを日系企業向けに不動産物件を仲介している業者から聞いたことがあります。業者に物件をさんざん紹介させて、最後の最後に業者を無視してオーナーと契約しちゃうんです。日系企業でもこんな信義則にもとることをするところがあるんですね。


 実は私も似たような目にあったことがあります。こちらの方で提案書を作成して、さんざんアドバイスをさせときながら、その提案書をそのまま別の会社に持って行ってそこでやらせたというケースです。相見積じゃなくてそのまま持って行ってですよ!持って行った先は地場の会社なのですが、どうしてもレベルの問題ややり取りの問題でイメージ通りに進まない部分が出てき、それをなんと私に質問してきたのです。ありえないですよね?よくもまあそんなずうずうしいことができるなあと。さすがにそれに対しては回答しかねると言ったところ、「冷たいこと言わないで下さいよ」って。どんな口がそんなこと言わしとんじゃあああああ!!!!あまりにもせこいですよね?ちょっとボヤいてみました。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です