2012-04-10

(2012年4月24日・東京)セミナー案内:「高齢化社会を迎える中国におけるビジネスチャンス」

 日が迫ってきましたので改めてのご案内です。

 

 日本はすでに高齢化社会突入したと言われて久しいですが、中国も高齢化社会に入りつつあります。しかも中国の場合は人口増加抑制策として取られた一人っ子政策の影響もあり、加速度的に進んでいく状況にあると言えます。具体的には60歳以上の高齢者が2011年の1.85億人から2015年の2.21億人へ、総人口を占める比率が13.7%から16%以上になることが予測されており、特に都市部においてはこの傾向が顕著であります。このような状況の中で、中国政府にとっても老人に対するケアを行っていくのかは非常に重要な事項であります。昨年9月には《中国老齢事業発展“十二五”計画》も発表されており、この中で今後の高齢化社会をどのように迎えていこうとしているかのビジョンも示されています。

 しかしながら、中国における老人ビジネスはまだまだ新しいビジネスであり、不明確な点も多くあります。現地企業で既に老人ビジネスを行っているところもありますが、国としてどのような方向に進もうとしているのかはもちろんのこと、外資としてどのようなビジネスチャンスを拾っていくべきか、そのために押えておくべき点として何があるのか、現在展開されている老人ビジネスの実態はどのようなものか、以上について状況を理解していただき、高齢化社会としてのノウハウの蓄積を持つ日本企業がその経験とノウハウを活かして中国でビジネスを展開するうえでご参考いただきたく考えております。

 ご多用とは存じますが、多数ご参加賜りますようご案内申し上げます。 

 

【講演内容】高齢化社会を迎える中国におけるビジネスチャンス

■ 中国の高齢化社会の現状

■ 中国の養老保険制度

■ 中国老齢事業発展“十二五”計画の概要

■ 老人における老人介護事業

■ 中国における老人ビジネス関連法規の紹介

■ 中国における老人ビジネスのチャンスと課題

 

【講   師】拓知管理諮詢(上海)有限公司 総経理  呉 明憲

 

【日   時】2012年4月24日(火)

      受付 13:30~14:00

      講義 14:00~16:30

 

【会   場】新宿アイランドタワー20階セミナールーム

http://www.shinjuku-i-land.com/access.html

 

【参加費】 6,000円

 

【定  員】 25名

 

【お申込み】下記参加申込書(クリックしてください)にご記入の上、開催2日前までに、FAX或はEメールにてお申込み下さい。定員に到達次第締め切りとさせていただきます。なお、今回のセミナーにつきましては弊社と同業の方のお申し込みはご遠慮くださいますようお願いいたします。

 

【お問合せ】拓知管理諮詢(上海)有限公司 Ms陳(イライザ)

             eliza@tnc-cn.com TEL : +86-(21)-6270-0022  FAX : +86-(21)-5237-2772

 

 参加申込書はこちら

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です